So-net無料ブログ作成

JAL地方不採算路線に「大ナタ」 小牧から全面撤退、国内線3割縮小へ(J-CASTニュース)

 会社更生手続き中の日本航空(JAL)は2010年4月28日、東京地裁に提出する予定の更生計画案の骨子を発表した。大幅な事業のダウンサイジングを中心とした内容で、撤退路線も、当初計画から倍増させた。

 特に、国内ではかつては国際空港だった愛知県営名古屋(小牧)空港から撤退することも正式に発表され、地元記者からは経緯を質す声もあがった。

■小牧空港からは全9路線が撤退

 この日発表された計画によると、2010年度中に国際線15路線、国内線30路線を廃止し,08年度比で供給ベースでそれぞれ4割、3割の削減となる。この大幅な規模縮小で、撤退する拠点も多い。国際線では、サンパウロ・アムステルダム・ミラノ・ローマ・ブリスベン・デンパサール・コナの7地点、国内線では、名古屋(小牧)・広島西・札幌(丘珠)・奥尻の4拠点から撤退する。丘珠、奥尻に乗り入れている北海道エアシステム(HAC)については出資比率を引き下げ、JALグループから外す。

 一方、羽田発着の国際線は、10月末に1日5便から14便に拡大。北東アジア諸国に加えて、サンフランシスコ、ホノルル、パリ、バンコク線を開設する。

 総じて、地方の不採算路線に「大ナタ」をふるう形だ。大西賢社長は、

  「公共交通機関として、地元に生やした『根』を、自ら抜くことは避けるべきことだが、これを避けての再生は困難」

とし、地域ネットワークを縮小するにあたっての苦渋の思いを述べた。就航している全9路線が撤退する小牧空港については、地元自治体は猛反発している。

■国際線完全撤退を否定

 これを代弁するかのように、地元でもある中日新聞の記者から、

  「地元自治体から落胆の声が出ている。搭乗率が良かった路線も廃止対象に含まれている。廃止基準を教えて欲しい」

と、疑問の声もあがったが、大西社長は

  「固定費が『切れる』かどうかが重要。ある地点から10便飛ばしていても、1便飛ばしていても、固定費は存在している。そういう観点から、小牧については全体的に赤字だった」

などと理解を求めた。

 また、たびたび「1社体制」が取りざたされる国際線については、稲盛和夫会長が

  「JALを再生していくのには、国際線は非常に大事な路線だ」

と、改めて完全撤退を否定した。

 あわせて、3月から4月にかけて行われた特別早期退職について、3610名から応募があったことや、中核会社の日本航空インターナショナルは、09年3月の月次決算で16億1500万円の営業利益を計上したことなどが明らかにされた。


■関連記事
JAL 名古屋・小牧から撤退へ : 2010/04/23
JALのローマ、モスクワ便が成田到着 ニュースコメント欄に称賛の声 : 2010/04/20
永田町に「JAL叩き」怪文書 誰が何の目的で流したのか : 2010/03/31
「起訴相当」議決、やっぱり小沢は説明責任果たしていない : 2010/04/28
いま「第二のロスジェネ」が生まれようとしている : 2010/04/28

25日までに普天間閣僚会議=官房長官が下地氏に伝える(時事通信)
DPC影響評価の調査「様式1」見直し、意見まとまらず(医療介護CBニュース)
ボディスキャナーのプレゼンテーション、国内からの参加は1社(レスポンス)
御巣鷹山 慰霊登山に手作りの橋 日航機事故から25年(毎日新聞)
川崎汽船のタンカーが海賊に襲われインド洋沖で被弾(産経新聞)

雑記帳 ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)

 岡山県津山市の新しい名物「津山ホルモンうどん」の取材に20日、韓国の旅行雑誌が訪れた。アジアから観光客を呼び込もうと県が初めて招いた。

 ホルモンうどんは昨年のB級グルメの全国大会「B−1グランプリ」で3位入賞。記者は市内の名店に案内され、牛のホルモンとうどんを鉄板で豪快に炒め、たれで味付けする調理法を間近に見た。

 試食した記者は「韓国にもない食べ方。おいしい」と満足気な表情。「まちおこしの切り札」と意気込む市民の熱意に、牛肉料理の豊富な国の記者からはA級の評価?【井上元宏】

【関連ニュース】
B級グルメフェスタ:ご当地グルメ一堂に 6万5000人にぎわう−−津山 /岡山

羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信)
顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ(読売新聞)
発見の3遺体は不明経営男性ら 長野県警確認 (産経新聞)
ES細胞で動脈作られる仕組み発見 京大研究チーム(産経新聞)
元気な姿、重力疲れも=「忙しかった」「地球美しい」−家族との再会喜ぶ・山崎さん(時事通信)

<中国地震>氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)

 【玉樹(中国青海省玉樹チベット族自治州)米村耕一】中国青海省での地震発生から3日目の16日になっても、被災地では十分な飲み水や食料がなく、避難民たちは路上に布団を敷いて生活する状況が続いている。中国各地から投入された救援隊も高山病のためスローペースで活動せざるをえない。17日朝には、生存率が著しく低下する「地震発生後72時間」を迎える。被災地では、住民から「もう助からない」という声も漏れていた。

 「うちは孫2人を含む3人、あっちの家は8人、そっちは5人だ」

 被害がもっとも激しかった玉樹県結古鎮。がれきの山と化した住宅街で、チベット族の男性、ザードーさん(67)が絞り出すような声で、自宅と周辺の行方不明者の数を挙げた。倒壊した家々をさす指が震える。

 14日早朝、ザードーさんは農作業をしていた近くの畑で激しい揺れに襲われた。急いで戻った自宅は、コンクリート製の屋根が完全に崩れ落ちていた。「孫は5歳と6歳。可愛い盛りだった」

 一帯は100軒あまりの住宅密集地。中国共産党結古鎮委員会の事務所前で、がれきの下には高級車も埋まっている。必ずしも貧しい地区ではなさそうだが、原形をとどめている家はわずか数軒。母屋は倒壊し、立派な門だけが立っている家もある。

 16日朝、救助犬を連れた救援隊が回ってきた。

 「誰かいますか」

 救援隊が一軒一軒声をかけるものの反応はなく、孫2人が閉じこめられているはずのザードーさんの自宅の捜索もわずか数分で終わった。ザードーさんは「水や食料も届かないし、救助が遅い」と不満を口にした。

 海抜3700メートル前後の被災地は4月中旬でも夜間は氷点下10度近くまで下がる。2晩が過ぎた16日には生存への期待が急速に下がりつつあるのが現実だ。

 物資不足も深刻だ。暴動は起きていないが、支援物資を巡るトラブルは相次いでいる。玉樹県中心部の路上で15日夜、親族から届いた飲料水や食料の箱を手にした女性の周りに人が集まった。「少し分けてくれ」。「だめよ。これで数十人分なんだから。余分はないわ」。女性に食い下がった男性は、ペットボトルの水1本を奪って走り去った。

【関連ニュース】
中国地震:温首相が被災地で指揮 死者760人に
中国地震:日本政府、1億円上限に緊急無償資金
中国地震:「救援物資届かない」肩を寄せ合う被災者
中国地震:救助阻む高山病 1万人懸命の活動
中国地震:行方不明者は313人 温家宝首相も現地入り

郵便不正公判、元局長「ワナにはめられた感じ」(読売新聞)
酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)
JASマークを無断使用=「深大寺そば」の製粉会社−容疑で社長ら書類送検・警視庁(時事通信)
火災 鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)
今月下旬の訪韓検討=中井拉致担当相(時事通信)

徳之島できょう「1万人集会」=普天間移設に反対−鹿児島(時事通信)

急坂下る豪快な「木落し」=諏訪大社の御柱祭、最高潮に−長野(時事通信)

 長野県の諏訪大社が6年に1度、申(さる)と寅(とら)の年に開く御柱(おんばしら)祭の「木落(おと)し」が9日、最大の見せ場を迎えた。氏子らを乗せた約7トンの巨木が最大斜度35度、約100メートルの急斜面を一気に駆け下り、集まった観客らが盛んに歓声を上げていた。
 御柱祭は、山から切り出した巨木を約20キロ離れた諏訪大社の上社(茅野市、諏訪市)と下社(下諏訪町)にある4カ所の社殿まで運び、各社殿の四隅に立てる祭り。
 木落しは御柱祭の中でも最大の行事。下諏訪町の特設会場では9日午後、ラッパの音と「ここは木落し、お願いだー」の声が響く中、氏子を乗せた巨木「御柱」が斜面の上に姿を現した。
 御柱が徐々にせり出し、ごう音とともに斜面を下ると、振り落とされまいとする氏子らの姿に、観客らからどよめきと声援が上がった。 

2人区制覇へ支持拡大を=民主・小沢氏(時事通信)
4児の身元確認=北海道の車両火災(時事通信)
「首長新党」来週旗揚げ 代表に山田杉並区長(産経新聞)
近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)
食塩の過剰摂取防げ 1日の目標量引き下げ 男性9グラム 女性7.5グラム未満(産経新聞)

<スペースシャトル>山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら日米の7人を乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」は米中部時間7日午前2時44分(日本時間7日午後4時44分)、地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした。

 約2時間後にディスカバリー、ISS双方のハッチが開かれ、山崎さんとISS長期滞在中の野口聡一飛行士(44)が対面。史上初めて、宇宙で日本人2人が顔を合わせる。

 野口さんは昨年12月、ロシアのソユーズ宇宙船で打ち上げられ、ISSに約6カ月間の予定で滞在中。山崎さんはロボットアームを使って、実験機材や補給物資を積んだ多目的補給モジュールをISSに取り付ける作業などを担当する。

 ディスカバリーは5日、米フロリダ州から打ち上げられた。日本時間18日夜、地球に帰還する予定。

【関連ニュース】
スペースシャトル:アンテナに不具合
スペースシャトル:山崎直子さん、物資移送責任者の重責
スペースシャトル:山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ
山崎直子宇宙飛行士:11年の集大成…4月にシャトル搭乗
スペースシャトル:打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ

<たらい舟>ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
<鳥取市長選>告示、2人が立候補 投開票4月11日(毎日新聞)
【視点】「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す(産経新聞)
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」(産経新聞)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)

「私に問責決議とは生意気」ブログに阿久根市長(読売新聞)

 阿久根市議会は26日、本会議を開き、市議会への出席を拒否している竹原信一市長に対する問責決議案を賛成多数で可決した。

 竹原市長への問責決議は、障害者の出生を否定するような文章をブログに掲載したことに対する昨年12月の決議以来、2回目。

 竹原市長ら執行部はこの日も出席しなかった。決議では議会欠席を「議会制民主主義を否定。市政を私物化して独裁的に行うもの」と指摘。議長を除く反市長派11人の連名で提案、賛成11、反対4で可決した。

 市長が提案した総額約102億円の一般会計当初予算案は、市長の公約だった小中学校給食費の半額補助事業費など約9500万円を減額する議員提案の修正案を賛成多数で可決した。

 一方、市長は26日夜に更新した自身のブログで、「議会が私に問責決議とは生意気です。能力も志もない人間が議員をやっちゃいかんのです。邪魔です。やめてもらいたい」と書き込んだ。

広告にコンタクト価格表示させず、J&J立ち入り(読売新聞)
<火振り神事>炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
京都銀、1000件分の顧客情報を紛失(産経新聞)
私のしごと館 わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。